クリスマスにもオススメなシュトーレン

シュトーレン

クリスマスなので、失敗を恐れずシュトーレンに挑戦しました。 寒い時期であることにプラスして、甘いパン特有のバターなどの油脂多く、水分も多めなので発酵にやたら時間がかかります。 ゆったりと構えて作りましょう。

(用意するもの 2本分) ○強力粉 210g

○薄力粉 90g

○砂糖 40g

○塩 5g

・卵黄 2個分

・バター 50g

・ドライイースト5g +ぬるま湯120g

・シナモン、ナツメグ適量

◎クルミ 100g位

◎乾燥レーズン、オレンジピール、乾燥いちじく、クランベリーなど洋酒に漬け込んだもの全てで150g位。

◎コアントローorブランデー 大さじ1

◎ラム酒 大さじ1

◎レモン汁 大さじ1

◎はちみつ 大さじ1

・グラニュー糖 適量

・粉砂糖 適量

・仕上げ用バター 適量

1.あらかじめ洋酒で漬け込んでいたレーズンやいちじく、くるみを適当に刻む。

2.◎印のものを全てボウルに入れて混ぜ合わせる。

3.ドライイーストにぬるま湯(40℃位)を注ぎイースト水を作る。 4.捏ね機(手捏ね、ホームベーカリーでもOK)に○印を全て入れる。

5.次にイースト水、卵黄、バター、ナツメグ、シナモンなどを入れる。12分間捏ねる。 6.2のボウルに生地を移す。生地が柔らかくベタベタしていたら、少し強力粉を加えて、無理して自分の手で触らず、スケッパーなどを利用して移す。

7.ドライフルーツ、くるみを生地に混ぜ合わせたら形を丸く整えて、一次発酵。30℃の場所に2時間放置する。オーブンの発酵機能や暖房の下に箱を用意し、その中に熱湯を張った容器を入れて、蒸気で温度を保たせたりとこの時期は工夫が必要。

8.1.5倍〜2倍になっていたら成功。真冬でなおかつ水分量が多いこの時期は、一晩冷蔵庫に入れて時間をかけて発酵した方が失敗しないかも。

9.一次発酵が終わったら、打ち粉をした台に生地を取り出し、2つにカットする。その時ガス抜きをするため、ペタペタと平たくする。

10.1つずつふんわりと丸める。

11.ぬれた布巾をかぶせて、10分間ベンチタイムをとる。

12.その後、打ち粉をした台でめん棒かスケッパーで楕円に伸ばして、二つ折りにする。これがシュトーレンのカタチになる。 13.オーブン皿にクッキングシートを敷いて、その上にシュトーレンを2つ乗せて、ぬれ布巾をかぶせて、二次発酵のため、30℃で1時間。ボワンとした感じになればオーケー。 14.生地に霧吹きをした後、グラニュー糖を適量ふりかける。

15.200℃に温めたオーブンを170℃〜180℃にして、30分程度焼く。 16.取り出して熱いうちにバターを全体に塗っていく。 17.そのまま完全に冷めるまで放置する。

18.完全に冷めたら、粉砂糖をまぶす。 ビニール袋に粉砂糖と一緒に入れて、最低でも一晩置いて、完成。

ポイント

初めて作る場合、発酵だけに注意。ゆっくり時間をかけて作れる時に作ってください。捏ねる時、手にべったりとつきやすいので、そういう場合は適度に強力粉を足して、あとはスケッパーに頼ってください。 ドライフルーツやくるみ等は自分の好みで調整してください。 一度作るとコツがつかめるので、ぜひ挑戦してください。


おうちごはんランキング